一般社団法人広島ビジネスコンシェルジュ 主催 

4月度公開セミナー 

「中国経済のゆくえ」

~これからの中国経済との関わり方~

 中国の○○の話

 

日時  平成29年4月4日(火)

    18:40~20:40

 

会場  JMSアステールプラザ 中会議室

 

スケジュール   18:00~    受付開始

         18:40~20:40 セミナー 

         21:00~    懇親会

 

講師   三島食品株式会社 常務取締役 管理本部長 野口 英善  

 

1981年3月  佐賀大学農学部農芸化学科卒業
1981年4月  三島食品株式会社入社
1990年6月  大連三島食品有限公司総経理に就任
2009年8月  大連三島食品総経理退任
2010年4月  三島食品株式会社取締役兼管理品部長に就任
現在に至る

            

 

 

  

4月度の公開セミナーでは「中国経済のゆくえ」をテーマに中国市場進出の考え方を三島食品(株)

常務取締役 管理本部長 野口 英善 様に 講演頂きました。

① 事業承継を終えられ、新たにホールディングス化へと会社の

  管理体制を変えられた経緯とホールディングス化による管理体制

  のメリットのお話をして頂きました。

  長きにわたっての事業承継でしたので大変なご苦労があったこともわかりました。

(動画) 

https://youtu.be/DSGU6lDgFqU 

 

 

②三島食品の事業展開

 中国、アメリカ、タイへと拡がる事業展開

 そして国内16か所を超える拠点展開

 あらゆる三島食品の製品を地域別、拠点別に詳しく解説していただきました。

 それぞれの国、地域で製造される製品が違うことや営業戦略が違う事などもよくわかりました。

 

 

③フィジビリティ―スタディ―を作成する

・自社が行いたい事業は何かを明確にする

・リスクの許容度を明確にする

・投資金額の限度額に応じた進出方法を検討する

・パートナーの選定で事業の成否が決まる

 

 

④海外進出における問題点

・進出国による法規制

・言語による障壁

・高額な税負担

・高額な生活費

一口に海外進出といってもやはり様々なハードルがあることがわかりました。

これらのハードルを乗り越えるにはパートナーの選定が最も重要だという事がよくわかりました。

 

 

中国市場開発

~プロダクトアウトからマーケットイン~

1、中国人は何を求めているのか

2、中国の環境は大きく変化しています。

3、自社商品は中国市場に受け入れられるのか?

4、中国市場開拓のための様々な工夫

5、中国人の特徴(日本人から見た中国人)

中国市場でビジネスを成功させる方法を様々な角度から解説していただきました。

日本人が抱いている先入観が最もダメであることもわかりました。

 

 

最後に今後の三島食品の世界戦略についてお話頂きました。

日本は今後少子高齢化、人口減少に突入しますが、中国をはじめアジア全体では

人口は倍々ゲームで増えていきます。

従って食のビジネスチャンスは世界ではまだまだ開拓の余地があることもわかりました。

 

大変お忙しい中野口本部長には本当に貴重なセミナーをありがとうございました。

 

 

中国進出へのご質問、お問い合わせ等ありましたら、気軽に

一般社団法人広島ビジネスコンシェルジュへお問い合わせください。

 

 

 

第2部の懇親会は三島食品(株)野口本部長を囲んで行われました。 

 

 

 

 

懇親会は中国進出の話で盛り上がりました。

 

 大変お忙しい中4月度公開セミナーにご参加頂いた皆様ありがとうございました。

 

 

 

今後も皆様にとりまして有益なセミナー・スクールの開催、そしてコンサルティングを

行って参ります。次回のセミナー・スクールにお1人でも多くの皆様のご参加を

心よりお待ちしております。今後共よろしくお願い致します。